東京都内で志望動機作成を中心とした公務員面接対策個別講座を臨時で開講






トップページ » 志望動機作成講座

受験生が苦手にする志望動機作成を軸にした講座を都内で開催しています




公務員面接No.1がたくさんの公務員受験生と接してきて分かったこと。

それは、志望動機をどうすれば良いのか分からなくて悩んでいる受験生が多いという事実でした。

しかし、面接No.1を受講して晴れ晴れした笑顔で帰って行く受験生もまた多いというのも現実なのです。

東京・新宿駅にて個別講座を開催(2017年は5月より開催予定)

あなたの志望動機を講師と一緒につくり上げる面接No.1の出張個別面接講座。

勘の良い受験生なら、この講座がどのくらい価値があることなのか、理解いただけるかもしれません。
今は筆記試験の勉強でそれどころではないというあなたでも、面接対策は早く行った方が良いし、できれば自分もそうしたいと感じているのは公務員受験生であれば当然のことです。

場所は東京・新宿駅で行う、あなただけのための出張講座を期間・人数限定で開催します。

いったい、どのようなことを行うのか、まずは講座体験者のコメントをご覧ください。

自分ではつなげられないことを上手くつなげてくれて、すごい!

頭の中でぐちゃぐちゃしていたものがスッキリと整理できてよかった

面接や、面接カードに不安のある人には絶対的にオススメだ

志望動機が面接試験の合否を決める

合格する志望動機の作り方 公務員の面接試験では、「何を言うか」そして、「どのようにいうか」という2つの要素がポイントになります。
「何を」というのは中身の部分、つまり自己PRや志望動機など、あなたの本質的な心の部分。そして、「どのように言うか」というのは伝える部分であり、態度や見せ方のこと。

この二つはいずれも大切です。しかし、より重要視されるのは「中身の部分=自分自身の軸」であることはあなたももちろんお分かりですよね

あなたが面接官になった時のことを想像してみてください。
「自分の軸をしっかり持った受験生」と「表現力が抜群に素晴らしい受験生」のいずれを採用したいと思うでしょうか。

きっと、軸をしっかりと持つ受験生を優先して考えるでしょう。なぜならば、表現力は後からでもいくらでも身に付けることはできますが、公務員の資質として中核を担う軸=人間性は、後から身に付けさせるようなものではないからです。そして、表現力とは多くの場合、しっかりとした軸を持つが故の自信が醸し出すものであるともいえるのです。

ですから、あなたの中に大きな軸となる「中身=本質」を築き上げることは最も重要な面接対策といえるわけです。これができなければ、いくら模擬面接を繰り返しても、質を伴った対策とは言えません。

しかし、「何を言うか」という中身の部分は自分自身ではなかなか分からないもの。

志望動機をどう考えれば良いのか分からない、そんな受験生が非常に多くなっています。その結果として、面接試験では「覚えているものを思い出す」「自信がない」という態度が露呈してしまい、良好な態度を保つことが難しくなってしまう。そして、自信を無くして悪循環に陥る、そんな受験生が本当に多いのです。

本来であれば態度(印象)は素晴らしいのに、志望動機を中心とした中身が自分の中で確実に固まっていないために、それが態度を悪化させてしまっている。

せっかく筆記試験をパスしたのに、面接への対策が遅れていることで一生を台無しにしてしまうなんてそんなバカげた話はありません

本番の面接試験で思うような結果を出せなかった受験生が、筆記試験と並行して面接対策を行っておけば良かったと思うのは当然のことなのです。

受験生が分からないのは、志望動機の整理の仕方

もちろん、どの受験生も自分なりに志望動機を考えています。

しかし、

  • 自信がない
  • 焦ってしまいなかなか手につかない
  • これで良いのか分からない
  • 何かが足りないような気がする
  • 考えれば考えるほど分からなくなり不安になる
  • いろいろな情報が複雑に絡み合って頭の中がこんがらがってる


講師と一緒に考えるこのようになっている根本的な原因は、「自分の頭で整理することができない」ということです。

これは何も、あなたのせいでもなければ、あなたの頭が悪いわけでもないのです。

そもそもほとんどの受験生が一次試験発表後に焦って、たったの数日で志望動機を完成させているというのが現状です。こういった現状において、短時間で情報のインプットとアウトプットを行なおうとすれば、頭が混乱するのは至極当然のことです。

また、志望動機の作成においては、過去の振り返り、現在の状況、未来の展望といった時間軸を行ったり来たりする必要があるため、普段はあまり使わない思考や慣れない作業があることからモヤモヤしてしまうのです。
 
そして、自分の考えを精査し、頭をクリアにするための「アウトプット作業」を行う場所もなければ、行う相手もいないというのが現状。

考えれば考えるほど訳が分からなくなる・・・それが志望動機というものです。今の自分のことを誰よりも良く分かるのは実は自分ではなく、今のあなたを見ることができる第三者なのです。

つまり、志望動機は考えるものではなく、あなたの頭の中を整理することではじめてつくることができるものなのです。

そして、そのために有益な手法がアウトプットをしっかりと行う時間を用意することなのです。

面接No.1では、「何を言うのか」という中身が明確になっていない受験生を応援するために、出張個別講座を開催します。

あなたにとって第三者である講師がマンツーマンであなたから情報を吸い上げながら志望動機を整理。客観的かつ具体的な志望動機や自己PRを一緒に作り上げます。筆記試験は何とかなりそうだが面接試験が心配だ、というあなたも、実は「志望動機が曖昧」である可能性が極めて高いのではないでしょうか。

面接No.1の出張個別講座ならば、あなたの頭の中を講師がプロのテクニックにより整理し、あなた独自の「受かる志望動機」を組み立てることができます。

出張個別講座の標準カリキュラム(2時間)

カリキュラム 時間 概要
1. 模擬面接 15分 まずは簡単な模擬面接(講師からの質問)を行ってみます。あなたの頭の中の現状を一緒に把握しましょう。
2. 志望動機作成 60分 あなたの頭の中でモヤモヤする志望動機を完全に整理。あなたしか語れない、あなたしか伝えることができない志望動機を徹底的に作成していきます。
3. 面接カード指導 15分 面接カードの書き方指導を行ないます。希望する自治体、職種に合わせ、あなたの良さを最大限に引き出す面接カードの書き方をアドバイスします。
4. 面接ポイント解説 30分 面接マニュアルを用いて、面接突破の秘訣をレクチャーします。なお、不安なことなどの質問は自由に相談してください。
上記のタイムテーブルは、標準的なカリキュラム例です。例えば、面接カード指導の時間を、模擬面接の体験時間とするなど、あなたの都合で自由にアレンジすることができます。当日、講師にあなたの要望を遠慮なく告げてください。2時間はあなたが全て自由に使える時間です。

志望動機作成出張個別講座の感想

出張個別講座の感想が事務局へゾクゾク届いています。

志望動機作成出張個別講座の感想を読む



2017-2018公務員試験 出張個別講座の受講料

期間限定合格祈願特典

出張個別講座は、2時間という密度の濃い時間を、講師とあなたがマンツーマンで志望動機を練り上げるコースとなっています。

受講料は、21,600円(2時間分・税込)となります。

※ 出張個別講座はマンツーマンでの実施になるため、完全予約制です

実施場所は、新宿駅周辺のカフェを利用します

なぜカフェなのでしょうか?
雑談レベルからあなたの気付かない本質へと近づくためには、ある程度の雑音が含まれた環境の方が志望動機を練り上げやすいことが経験上分かっているからです。静かな環境で緊張しながらじっくりと考えるという講座ではなく、ある程度周りの人を感じながらゆったりした雰囲気での実施となりますので予めご注意ください。
(カフェでのドリンク代(1杯)は面接No.1が負担します)

面接No.1の面接対策講座で使用しているマニュアルをプレゼント(出張個別講座中に重要な箇所を解説)します


・2017年5月から開講する出張講座の予約は4月下旬からの受付開始を予定しています。

※予約表の右上にある >>(次月○月)をクリックすると次月の予約を行うことができます



カレンダーの中で、【開催】と書いてある日付が実施日程となります。(過去の開催情報は順次消去されていきます)

※ 実施時間は日程により異なりますので、予約受付システムにてご確認ください。

※ ここに表示されているカレンダーは実施日程を表示しているだけで、予約状況ではありません。既に予約が入り、お申込が終了している日程も表示されています。

※ 予約は先着順です。ご希望の日程・時間帯があればお早めにお申し込みください。お電話やお問い合わせフォームからのご予約は受け付けておりません。下のバナーより、予約受付システムにてお申し込みください。


重要【予約後に仮予約受付自動返信メールが受信できない場合の対応】
予約時に登録したメールアドレスが携帯電話・スマホ(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなど)をご利用の方は、メールの受信設定状況により面接No.1からのメールが届かないケースが増えています。予めを受信可能な状態にしておくか、できるだけ携帯メールは避けてPCメール(ヤフーやgmailなど)で登録してください特にezweb.ne.jpで受信できないという問い合わせが増えています。

予約時に携帯メールで登録し、数分経過しても仮予約自動返信メールが届かない場合には、不具合が生じています。ただし、仮予約自体は成立していますので安心してください。(予約は二重にはならないシステムとなっています)
自動返信メールが届かない場合には、メールフォームからご連絡いただくか、へメールでご連絡をお願いします。事務局より、当日の詳細な情報が記載された仮予約メールを再度お送りさせていただきます。(メール受信後、24時間以内に送信致します)なお、再送の際には入力いただいた携帯電話宛にSMS(ショートメール)で送付をいたします。


PCから日程確認・予約する


スマホから日程確認・予約する



よくある質問
Q. 個別指導コースとの違いはどのようなものでしょうか
A.出張個別講座は特に苦手な受験生が多い志望動機作成を重視した内容となっています。模擬面接も実施しますので、個別指導コースと大きな違いはないと考えていただいて問題ありません。また、ビデオによるフィードバックは行いませんが、模擬面接の音声を収録し、音声を用いたフィードバックを行うことがあります。

Q. 受講条件などはありますか
A.公務員を目指されている方であればどなたでも受講することができます。志望先、筆記試験の合否、面接試験経験等は一切問いません。また、警察官や消防官ほか、公務員試験に準ずる特殊法人などの面接試験にも対応しています。※民間の就職面接試験には対応していません。民間企業の面接試験と公務員の面接試験は対策方法が異なりますのでご注意ください。

Q. 教員採用試験にも対応していますか
A.志望動機の作成と一般的な個別面接対策については公務員試験と同様なため、対応が可能です。教採独自の特殊な面接や演習試験の対策は行っておりません。

Q. 土日や祝日・夜間も開講していますか
A.できるだけ対応できるように調整しています。日程や時間は都度変動していますので、スケジュール表で確認してください。

Q. 受講したい日に既に予約が取れない場合、キャンセル待ちはできますか
A.キャンセルが生じたことは過去に数えるほどしかありませんので、キャンセル待ちは受け付けておりません。ご希望の日に受講できますよう、お早めにご予約ください。特に、東京都職員(都庁ⅠA・都庁ⅠB)、国家総合職・一般職、国家専門系、東京都特別区(23区)、の一次試験発表前後から面接試験までの期間は大変混み合いますので、お早めにご予約ください。

Q. 新宿駅のどこに行けば良いでしょうか
A.新宿駅から徒歩5分程度の場所がお待ち合わせ場所になります。予約が完了した際にお送りする予約完了メールにて、詳細な待ち合わせ場所についてご連絡しております。

Q. 受講料の支払いはどうなりますか
A.当日、現金でお支払ください。クレジットカードはお使いいただけません。

Q. 受講料以外に必要はものはありますか
A.筆記具をお持ちください。なお、カフェで行う場合のドリンク代(1杯分)は面接No.1が負担します。

Q. 事前に準備するものはありますか
A.本番の面接試験を想定して、面接カードをお持ちの方は記入済みのものを持参いただきます。(住所や受験番号、学歴・職歴などの個人情報部分は空欄または塗りつぶしてください)面接カードをお持ちでない場合は、事前に簡単なカードへ記入をお願いしています。詳細は、ご予約時の自動返信メールをご確認ください。

Q. 何度も受講する必要はありますか
A.一度受講すれば十分です。1回の受講で志望動機は組み立てが可能です。ノウハウも丁寧に解説しますので、志望先が複数の場合や志望先を変更する場合でもご自身で対応することができます。

Q. 服装に指定はありますか
A.ビデオ収録は行いませんので、どのような服装でも構いません。あなたの頭の中の情報を整理する作業がありますので、リラックスできる服装が理想です。

Q. 個人情報はどこまで必要でしょうか
A.ご予約時に「お名前」、「メールアドレス」、「電話番号」を入力いただきます。それ以外の住所や生年月日などは講座内でも必要になることはありません。面接対策の都合上、志望先はお聞きすることになりますが、受験番号などをお尋ねするようなこともありません。


その他、面接No.1に関する全般的な質問は、FAQ(よくある質問)をご覧ください。
※ ただし、出張個別講座の予約方法はその他のコースとは異なります。このページに書かれている内容が優先しますので、お間違いのないようにご注意ください。

その他、ご質問や不明点はメールフォームよりお問い合わせください。(メールフォームからのご予約は受け付けておりません) >> 問い合わせする